HOMEHOME お問合せCONTACT MENU
  1. トップ
  2. 力匠部屋トップ
  3. 2012年10月の投稿
  4. 小学校 校歌
力匠部屋 [+]
力匠部屋トップ
閉じる[×]
力匠部屋

小学校 校歌

[2012-10-24]

30年以上も前に覚えた母校の校歌。
自分はすぐに口ずさむことができます。
♪「宇治の川霧、晴れるとき〜」
 
一昨日の土曜日、長女の小学校で、創立100周年記念行事が
ありました。
 
100年前に作られた校歌が写真のとおり。
「〜国を照さん人となる」
明治時代のその空気が伝わってくる感じです。
 
難しい歌詞なので、十分理解できない、
平成に生きる小学2年生の娘ですが、
もし彼女も30年後にこの校歌を聴いたとき、
どんな感想をもつのだろうか?
 
学校の役割も時代とともに少しずつ変化するはず。
きっと校歌に唄われる内容も刻々と変わっていくのでしょう。
 
30年後といえば自分は70歳。
そのとき、まだボケずに母校の校歌を唄えるのだろうか?

力匠部屋~今回の執筆者

名前:S.H

ここ3年来の課題】体重を5キロ減量すること
【好きな食べ物】妻のハンバーグ
【好きな映画】ショーシャンクの空に
【好きな言葉】おかわり無料
【生き甲斐】子供の写真をアルバムに綺麗に貼り付け、コメントを付ける事。たまっていく楽しみがあります。子供の成長を感じます。
【苦手なもの】蚊