HOMEHOME お問合せCONTACT MENU
  1. トップ
  2. 力匠部屋トップ
  3. 2012年12月の投稿
  4. クラウドと仕事の効率化
力匠部屋 [+]
力匠部屋トップ
閉じる[×]
力匠部屋

クラウドと仕事の効率化

[2012-12-05]

この何年間、ずっと思ってきたことですが、1つの案件に必ず数人がかかわっていて、
案件が多くなると、個人に仕事が集中し、情報の共有がリアルタイムにできなくなり、結果的にトラブルにつながるケースがよくあります。

プロジェクト管理の効率化をいかに図るかが重要な課題だと認識しています。各自の異なる運用を防ぐために、1つのシステム基盤でビジネスにかかわるプロセスをすべて管理するような形が望ましいではないかと思います。数多くあるITシステムの中で、グループウェアと呼ばれるシステムがこの課題を解決できると考えています。
グループウェアとは、企業等組織内のコンピュータネットワークを活用した情報共有するためのサービスです。ネットワークに接続されたユーザー同士で情報の交換や共有、またスケジュール管理等の業務に利用される機能を通じて、業務の効率化を目指すものです。

しかし、企業のインフラ費の負担になるようでは、効果を検証する前に、導入しようとする企業が少なくなります。そこで、私がおすすめするのは、0円でできるグループウェアサービスです。その名は、Aipo(アイポ)といいます。

アイポは、株式会社エイムラックが開発・公開しているオープンソースのグループウェアです。アイポは、当初、商用ソフトウェアとして販売されていましたが、バージョン4の公開に際してオープンソースソフトウェアとなりました。

アイポ4の機能は多彩です。サポートされている機能を挙げると、スケジュール管理やプロジェクト管理、掲示板、ToDo、アドレス帳、Webメール、ワークフロー、伝言メモ、メモ帳、タイムカード、ブログなど、グループウェアとして必要な機能はほぼ網羅されています。また、NTTドコモ、SoftBank、auの携帯電話に対応していて、スケジュール管理やWebメール、ToDo、アドレス帳を携帯電話から確認したり、内容を更新することが可能です。
 洗練された画面デザインもアイポ4の特長です。基本色はオレンジとグレーで、要所に赤や青、クリーム色などが使われています。色使いの多い画面ですと、重要な情報とそうでない情報の見分けがすぐにつかないことがありますが、アイポ4の場合はその心配はなさそうです。一般ユーザーが独自ページを作成することも可能です。管理面では、インストーラ付きのパッケージで配布されており、インストール作業も簡単ですし、アクセス権限の設定を細かく指定することも可能です。さらに、データのバックアップやリストアなどもサポートされています。

力匠部屋~今回の執筆者

名前:H.G

【いつかやりたいこと】難病を患っている子供のため慈善活動に参加する
【感動した映画】ホテルルワンダ
【旅行したい場所】カプリ島の青の洞窟
【最近のやりたいこと】WEBサイトをデザインする
【最近嘆いていること】いつ結婚できるだろう~(/ー ̄;)シクシク