HOMEHOME お問合せCONTACT MENU
  1. トップ
  2. 力匠部屋トップ
  3. 2013年11月の投稿
  4. 千はどこだ、千をだせ
力匠部屋 [+]
力匠部屋トップ
閉じる[×]
力匠部屋

千はどこだ、千をだせ

[2013-11-01]

先日、社長が花札についてブログで熱く語っておられたので、今回は私も負けじと花札話しをおひとつ。

と、申しましても私が熱く語るのはただの「花札」ではございません。
こちら!!!



「千と千尋の神隠し」バージョンです。

この夏、ジブリ美術館に姪っ子3人と行った際に購入。
一人1000円のおこづかいの中、ぬいぐるみやら文房具やらに惹かれる姪っ子を「おこちゃまね!」と鼻であしらった矢先にショーケースの中に飾ってあるこの花札を発見。
鼻息荒く「私はこれを買う!」とレジに直行したのです。
3000円也。大人で良かった。私。


で、夏休み、帰省の荷物に忍ばせて実家でおジジに手ほどきを受けながらみんなで花札。
われわれは、「こいこい」ではなく「花合わせ」をひたすらに。
中2の姪っ子、嵌まりまくって遊びに行っても「帰って花札しようね!」
ご飯を食べていても「食べ終わったら花札しようね!」
寝る前も「明日の朝花札しようね!」でした。

しかしまぁ、本当に絵柄がかわいいのですよ!
いやぁ、眺めているだけでもかわいくてにやにやしてしまいますが、遊んでいてもかわいくてつい見入ってしまうのです。
しかも、ちゃんと本物の花札になぞってあるのです!!
(これ、社長に見せたところ、社長もなかなか感心しておりました)

img193_2.jpgわたくし、なぜかハク様がなかなか手元に来てくださらなかった。
心の中では常に「ハクさま~ハクさま~」と青蛙が呼んでおりました。
あと、釜爺は一度もやってきませんでした。
おかげで猪鹿蝶は一度も揃わず。
そして、なぜかやたらと銭婆と湯婆婆が手元に転がりこむのです。
なんでしょう。私の何が彼女たちを引き寄せるのでしょう。


そしてそして、さらに楽しいのが「千と千尋オリジナル役」!!

湯屋の客たち6枚で60点
湯屋で働く者たち6枚で60点
湯婆婆のしもべたち2枚で20点
よきかな~の「オクサレ様」と「河の神」2枚で20点



お正月まであと二ヶ月。
またみんなで花札するのが今から楽しみなのです。


*私が一番気に入っているのはなぜか「おしら様」
img193_3.jpg



力匠部屋~今回の執筆者

名前:R.M

【好きな言葉】どうにかなる!
【ハマッた本】京極堂シリーズ
【たまらない時間】家呑み
【怖かった夢】足元にザリガニがいっぱい
【してみたい事】富士山登山
【将来の夢】AKB48に入ること