HOMEHOME お問合せCONTACT MENU
  1. トップ
  2. 力匠部屋トップ
  3. 2021年07月の投稿
  4. 別れのとき
力匠部屋 [+]
力匠部屋トップ
閉じる[×]
力匠部屋

別れのとき

[2021-07-29]

先日、長年連れ添ったペットのチンチラが天国へ旅立ちました。

名前はムイです。
(うちへ連れてきてすぐ、グーグー眠ったのでねむいのムイ)

チンチラといっても猫ではなく、ネズミの方のチンチラです。
約11年、一緒に過ごしてきました。

幼少期にテレビでチンチラを見て、あまりの可愛らしさに家族でファンになりました。
そして家でチンチラを飼おう!となり、しばらく探していましたが、
当時まだ珍ペットだったチンチラはなかなか見つからず...
それからは私の中でずっと憧れの動物でした。

大人になり、一人暮らしに慣れたので一緒に過ごす相手が欲しいと、
当時好きだったモルモットを飼いにペットショップに行きました。
そこにあのチンチラがいました。

会えた嬉しさでモルモットのことは一瞬で頭から消えてしまい、憧れのチンチラを飼うことにしました。
ペットショップには数匹のチンチラがいましたが、
1匹だけすでに生後半年経って大特価になっていた子...それがムイでした。

チンチラは高温多湿に弱く、蒸し暑い日本は飼育には不向きといわれています。
24時間エアコンで適切な環境を維持し、エサに気を遣い、巨大なケージの掃除をまめにする・・・
簡単ではありませんでしたが、まったく苦にならず11年間やってきました。

年数が経つにつれて飼い主とペットではなく、相棒という言葉が一番合う関係になりました。
チンチラは犬並みの頭の良さもあり、人の言葉もわかります。
私が話しかけると、時にやさしく、時にめんどくさそうに返事をしてくれます。

20代からの私の激動の時代にずっと付き添い一緒に戦って(?)くれたので、戦友でもありました。

ここ2年は体調に波があり、食も細くなり最期の体重はピーク時の1/3以下になっていました。
高齢というのもあり常に覚悟はしていましたが、ずっと一緒にいるムイがいつか死ぬことのイメージが湧かず・・・
その日が先日、ついに来ました。

できることをやり尽くしたのもあり、不思議とすんなり受け入れられました。
少し前、昨年生まれた娘がムイにちょっかいを出し、相手をしてくれていましたが、
それを見て私はこの上なく幸せな気持ちになりました。

ムイも私のもとで幸せに人生・・・
ネズミ生を過ごせたと思ってくれたら嬉しいです。



アニマルブランケット(とら)

来年の干支は寅ですね。
このブランケットは干支感があまりなく、おしゃれ路線なトラ柄です。
ブルー×オレンジの色合いが個人的にとても好みです!
寅年・・・そういえば自分の干支です。
年月が経つのを実感しますね(´-ω-`)

  [くわしくはコチラ]

力匠部屋~今回の執筆者

名前:K. O

【所属部署】企画部
【出身地】東京都練馬区
【最近のマイブーム1】圧力鍋料理
【最近のマイブーム2】ブランド米食べ比べ(現トップ 新之助)
【最近のマイブーム3】THE FIRST(SKY-HIさんのオーディション番組)
【困っていること】庭の花を食べるダンゴムシの大群